アンチエイジング検査/肌診断体験

私が美容のために、今、1番気にしている

「糖化」


「糖化」とは、体の中で余った糖が

たんぱく質とくっついて、たんぱく質

を劣化(変異)させてしまう現象です。


糖化によりできるAGEと呼ばれる

老化物質がコラーゲンを硬くさせ、

しまい、さらに、過剰な糖は、

どんどん、たんぱく質をAGE化させていき、

たんぱく質の一種であるコラーゲン

を壊し続けていくことで、

肌にダメージを与えてしまいます。


肌のほかにも、たんぱく質が主体の

髪の毛にも糖化の影響が!

糖化によって、毛根にAGEが蓄積し、

毛乳頭と毛母細胞がスムーズに

働けなくなると、

十分に成長しないうちに休止期に入り

抜けてしまうという異常な抜け毛まで

起こってしまいます。


この糖化現象がずっと気になっていて

2年前くらいから定期的に

「糖化測定検査」に通っていますが

今回4度目となる検査に行ってきました。


1回目の「糖化測定検査」は赤坂アンチエイジングクリニックで。

その後、2回目以降は、

ずっとファンケル銀座スクエアの7階に

ある「ファンケルヘルスハウス」の

フロアで検査をしてもらっています。

初回は測定前に「問診票」に記入

しましたが、

こちらでは3回目ということで省略。


検査は「AGEリーダー」という

測定器に腕を乗せます。

AGEは紫外線の照射で自家蛍光を

発する性質があることが分かっていて

この性質を利用して、皮膚に紫外線を

あてることにより、体に溜まっている

AGE量を読み込もうというのが

「AGEリーダー」の装置のしくみです。

誤作動がないように3回測り、

平均値を取りました。


そして、肝心の結果がこちら↓


赤坂アンチエイジングクリニック

で受けた糖化検査1回目の結果

は「2.2」。

ファンケルでの2回目の結果は「2.1」

3回目の結果は「2.0」

そして今回が「1.9


本来、AGEは一度できてしまうと、

少なくなることはないのですが、

でも増えていないということは

半年間で、糖化は進んでいないと

いう結果なので安心しました♡


こちらのファンケルでは

糖化検査が、500円(会員価格)で受け

られ、もしもファンケルで商品を一つでも

購入すると検査料自体は無料になります!

他にも、ファンケルでは、「血管年齢」や

「頭皮検査」「体力測定」「遺伝子検査」等

いろいろな検査がリーズナブルで受けられる

のでおすすめです♡


食べ物や環境から知らず知らず

のうちに体内に取り込まれてしまう

有害ミネラル。

そして、不足しがちなミネラル。


有害ミネラルが過剰に体内に蓄積

されたり、また、逆にミネラル不足で

様々な健康障害や不定愁訴を

引き起こす可能性が指摘され、

気になっていました(>_<)


以前から、「毛髪ミネラル検査」を

受けてみたいと思いつつ、

自分の髪の毛を、検査に必要な量を

カットしなければいけないのが難点(;´Д`)


しかも、私は月1回必ず美容院で

カラーリングをしているのですが、

そのカラーリングの染色剤が、

毛髪分析に影響を与えるそうなのです。


ということもあり、正確な分析結果を

得るためには毛髪検査は十分では

ないようなので、

そこで、今回は

爪ミネラル検査

を受けてみることにしました。


この「爪ミネラル検査」では、

有害ミネラル5元素、準有害ミネラル

5元素、必須ミネラル12元素の

合計22元素の測定ができます。


ら・べるびぃ予防医学研究所 のHP

から検査の申し込みをし、翌々日

には検査キットが送られてきました。

まず、質問票に記入。

爪を切って、この袋に入れます。

返信用封筒に入れて郵送し、待つこと

10日間で検査結果が送られてきました。

封筒には3枚の測定結果表と

一つ一つのミネラルの詳細な説明と

有毒ミネラルの汚染源、解毒、排出

に関する方法をまとめた

「ミネラルガイド」が同封されていました。

さて、肝心の検査結果は・・・。


①爪ミネラル検査 測定結果

②ミネラル評価とアドバイス

結果を見て、一番気になったのが、

有害金属(ミネラル)である

「カドミニウム」(>_<)


カドミニウムは、イタイタイ病の原因

となった公害物質として有名。

正常な人の基準範囲が33ppb以下

のところ、私は112ppbもあり、

基準値を大幅に超えている結果に

ショックです(;´Д`)


有害金属ハンドブックによると、

カドミニウムは、食べ物を通じて、

体内に蓄積されやすいそうで、

人間の体内では、腎臓にかたよって

蓄積されるそうです。


そして、腎臓に蓄積されると、

タンパク質や酵素と結合して、腎障害

を引き起こし、カルシウム代謝に異常

が生じるとのこと!

で、過剰蓄積による病気として

腎臓障害、骨粗しょう症、骨軟骨症

などを招くことがあると記載があります。

ただ、検査結果には、解毒や排出を

促進するミネラルやビタミンなどの

アドバイスがきちんと書かれているの

で、少し安心です。


また、他の項目では、

必須ミネラルの亜鉛を取り過ぎ

てしまっているとの結果。

亜鉛は細胞の合成、コラーゲンの

合成にも関わってきたり、

抜け毛にも関係してくるので

前から気にしていて、必要以上に

サプリメントおくすりで摂取していたので

納得の結果です。

取り過ぎは、嘔吐やめまいなどを

引き起こすことがあるようなので

過剰摂取にも注意しようと反省です(^_^;)